当たり前

恋する人は、論理的な思考力が下降するのが当たり前である。原因は左脳はいわゆる論理脳、右脳がいわゆる感覚脳に分かれ、恋する人がいる場合ならば感情を受け持つ右脳が普段よりも活発に動いているからである。
ひとつのこらず完璧な恋愛の内側には母親としての愛がある。女性らしい気持ちを持った女たちがそろって男性の力強さを感じて愛するのは、男の隠れている弱さを感じているからなのだ。
どうしても初デートで女性の気持ちを手に入れたいなら、デートの食事選びに欠かせないポイントがある。メロメロにしたい女性が心から賛同してくれたら、自分を気に入ってくれた状態と考えてもよい。
控えめに「ぽんと肩をたたく」又は「肩にそっと触れる」ということは何気ない「ボディータッチ」と言えます。したがって「相手との55センチ以内へのさらっとした侵入」と考えて「汚れていない清潔感のある匂いをさせている」ことが大切です。
恋をしているときというのはじっくりと考えるということがきかない可能性が高い。反対からいえば、落ち着いて考えがぶれることなくきいている時には嘘ではない恋をしていない気持ちのはっきりとした証拠。
恋愛の場面においてたとえ取るに足らないようなことでも「よかったよ」や「二度とやらない」と心の中を率直に伝える出会ったころの気持ちをどんな出来事があってもしっかりと持ち続ける事が気を付けるべき点。
過ぎ去った、過去の恋愛を今でもひきずるなら、捨てきれないどれでも恋人との日々を思い出させるようなものは捨てなさい!そうじゃなきゃ売ってみて。これがルールなのだ!
二人で出かけたら、さよなら、というときはあえて引っ張ることをしないで、最後のタイミングで押し切ってでも離れ離れになると、次に誘われたら必ず一緒に行きたいなという気持ちにさせることがしばしばある。
あまねく不滅のものと言われる恋愛には子に向けるような愛がある。本当の女性らしい女性がそろって男の真の力を感じてうっとりするのは、男性の弱い部分を感じているからである。
意外とイケメンは、「だらしない男っぽい」「きっとモテるんだよね」「いつでも出会いあるよね」と判断されて避けられることばっかり。恋人探しをしている女性の未来の恋人からそうでなくなることが通常です。
注目!真っ暗闇の心理的効能はずば抜けています。瞳を広げることで、近づきたい異性がメロメロになる。通常、人は、自分の興味のあるものを見ると、しっかり見ようとして、瞳を大きくするのである。
愛する気持ちの中には聞こえる言葉よりも沈黙が存在している。熱愛中の恋する男が恋人に向かって二人きりで語りかけるとき、女は聞こえる言葉よりも沈黙に感激しているのが普通だ
普通の女の人は男の人のもっているいろいろな能力が可もなく不可もなくというレベルであることを好む。全部がなんとか合格点の男性がモテるのである。規格外に並はずれている完璧な人は多くの場合寄り付かれない。
あなたでも、できる簡単な恋愛上手になるための技を教えます。簡単なことにそれは「笑顔」です。曇りのない笑顔を見せてください。きっと?どんどん異性が寄ってくる、?口説きやすい雰囲気がでる可能性が高い。
「犬好き」でかつ「犬タイプ」の人は、関係者から見て恋愛感情そのものがすごく分かりやすい人だと断言できます。恋する相手がいるようになると、すぐに交友のある人に感知されることも。



ふるさと青汁 身体に良い

ポリフェノール

ポリフェノールで最も有名な長所は水溶性のV.C.やトコフェロール(ビタミンE)性質が違い、細胞間の水溶性部分に脂溶性の部分、細胞膜でも酸化を防ぐ効果に優れているのです。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、今日までの膨大な研究によって、ワクチンの効能が見通せるのは、注射した日の約2週後からおよそ5カ月間ほどだろうと言われています。
急性中耳炎(Acute otitis media)とは、最も多い中耳炎で子どもに発症しやすい病気です。耳の痛みや38度台の発熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、耳漏(耳だれ)などの耳の症状が出現します。
人の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に大別できますが、中耳付近に細菌やウィルスが感染することで発赤等の炎症がみられたり、液体が滞留する症状を中耳炎と言うのです。
アメリカやヨーロッパ各国では、新しく開発された薬の特許が満了してから約30日後、製薬市場のおよそ80%がジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)に変更される薬品もある位、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は世界各国に浸透しているという現実があります。
30才代で更年期になったとしたら、医学用語ではPOFという病を指します(我が国では40才以下の女性が閉経する症状を「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と言っています)。
めまいが起こらず、不愉快な耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを幾度も繰り返すケースを区別して「蝸牛型メヌエル病」というような症例がよくあります。
子どもの耳管の特徴は、大人に比べて太くて長さがなく、なおかつ水平に近いため、黴菌が入り込みやすくなっているのです。大人よりも子どもの方が急性中耳炎に罹患しやすいのは、これが関わっています。
流感、即ちインフルエンザに適応した予防の仕方や医師による手当等原則的な対処策そのものは、季節性のインフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザであってもほとんど変わりません。
季節病ともいわれる花粉症とは、山の杉や檜、松、ブタクサなどの草木の花粉が原因物質となって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・微熱・鼻詰まり・鼻水などの辛いアレルギー症状をもたらす病気として知られています。
2005年(H17)年から新たにトクホ(特定保健用食品)のパッケージには「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起のフレーズの記述が食品メーカーに義務付けられている。
杉花粉が飛ぶ季節に、小さな子どもが平熱なのに頻繁にクシャミをしたり鼻水が止まないような状況だったなら、残念ながら杉花粉症の可能性が高いといえます。
ともすると「ストレス」は、「なくすもの」「取り去るべき」と思われがちですが、其の実、人は多少のストレスを受けているからこそ、生き延びていくことが可能になっているのです。
常在細菌の一つであるブドウ球菌(スタフィロコッカス)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、毒素が極めて強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と毒力が強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種に分けることができるのです。
エイズ(AIDS)はHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって罹患するウイルス感染症のことで、免疫不全となり些細なウイルスなどが原因の日和見感染や悪性腫瘍を発病してしまう症候群の事を称しています。

もち肌に

御嶽山の噴火

御嶽山の噴火が話題になっています。
私の実家は長野にあって、少し被害があったというか、火山灰が降ってきた程度はあったようです。
長野には県歌があって、「信濃の国」という歌の2番の歌詞に、
「御岳、乗鞍、駒ケ岳、浅間はともに活火山 いずれも国の鎮めなり」
というフレーズがあります。
小さい頃、私は両親に、「この活火山たちが噴火したらどうなるの?」と尋ねたことがあり、
すると両親は、「間違いなく危ないね」などと話していて、私は長野に住んでいた時は、地震災害よりも、火山災害のほうが恐ろしいと思っていました。

そして、御嶽山の噴火があったわけです。

最近、山がブームで、山の事をよく知らずに行く方が多いと聞きます。
山は神聖な場所ですし、神様も沢山いらっしゃいます。
私は宗教などは一切信じませんが、日本の自然を司る神様はいると信じています。
そんな神様が住んでいらっしゃる山、そんな場所に、わいわいと遊び気分で人々が入っていっては、神様も怒る事は想定できます。

そして、その災害があった日、何人もの日本ではあまりいいとされていない宗教の方々が沢山登っていたと話を聞きました。
宗教を信じるのは人の自由ですし、それによって救われるのなら文句はないはずなのですが、人に迷惑をかけたり、傷つけたりする宗教は果たしていいといえるのだろうかという点です。
もし、そんな人たちが一斉に登ったら、宗教同士とはいわなくとも、日本に昔から鎮座する神様は怒って当然です。

今まで、山の神様はかなり我慢をしていらっしゃったのだと思います。
それを、私たち人間は全く気づかなかった。
今回の御嶽山の噴火によって、今まで山を軽く見ていた人たちが、これからどのように山と付き合っていくか、それが課題だと思っています。

住宅ローン金利安い

謎の体内センサー

疲れてぐっすり眠っていたはずの夜中、急に目が覚めることがあります。
何かに起こされたのでもなく、既に睡眠が十分に足りたのでもなく、でも朝が来たようにスッと自然に目覚めて、辺りの暗さを不思議に思い、時計を見て夜中だと知ります。
あんなに眠かったのに、なんでこんな時間に?と思っていると、家が小さく揺れ始めます。地震です。ウチは古いアパートなので、小さな揺れでも結構しっかり揺れます。揺れを感じたらテレビをつけて、地震速報を見ます。で、やっぱり地震だったんだなと確認したら、テレビを消してまた眠りにつきます。
そんなことがよくあるので、会社でその話をしたら、上司曰く、
「きっとまだ動物だった頃の本能が…」
「進化しきれてないってことですか?」
そういうものなんだろうかと、パソコンでいろいろ検索してみたところ、質問サイトで同じような症状のある人が結構見つかりました。さほど珍しいわけではないようです。
しかし、大勢いるわりには、理由がよくわかりません。
地震にはP波とS波という2種類の揺れがあることを学生時代に学びました。最初に小さく揺れた後、大きな揺れが来るのですが、最初の小さな揺れ=P波は最初から揺れとして感じます。何しろよく揺れるアパートですので。目が覚めて、しばらくしてからP波を感じ、その後大きなS波がきます。ということは、P波が来るより前に目が覚めていることになります。P波を感じ取って目が覚めているのではなさそうです。
じゃあ私は何に反応して起きているのでしょうか?
起きる本人にも皆目見当がつきません。
これが医学なり生物学なりで解明されて、この能力(?)がもっと鍛え上げられて、数日前に大地震の予兆とか感じ取れるようになれば良いのに。

ある日、やはり同じように夜中にふっと目覚めましたが、その時は揺れを感じることなく、なので当然テレビをチェックすることもなく、しばらくしてまた眠りました。数日後、そのことが気になり、その当時の日付の地震を調べてみました。すると、なんと発生日時がドンピシャの地震が記録されているではありませんか!
「震源地:沖縄県沖、沖縄で震度1」
私が眠っていたのは東京です。
こんな遠くの小さな地震で毎回起きてたら、そのうち毎日寝不足になる…
人間の持つ能力は、できることなら“有効に”活用したいものです。。。

嵐をよぶぜ!